正蓮寺
正蓮寺の歴史
正蓮寺
当寺は、今から800有余年前の建久年間(1190〜99)に、
新田大炊助義重公(義貞公の祖)が、太田金山の鬼門除けに創立し、開山は鎮如法印である。
境内に蓮池があったことから青蓮院と言った。
ところが、行基作の観自在菩薩を安置し、後、徳川家康公から御朱印50石を賜ったとき、誤って正蓮寺と記入されてしまって以来、青蓮院を正蓮寺というようになった。
万治3年(1660)3月22日火災にあい、堂宇の全てを焼失。当時の本尊の所在も判明しない。 寛文10年(1670)7月、15世良範が堂宇を再建し、その後本尊を大日如来とした。
その頃のこと。ある時、一人の樵夫が寺の東山で枯木を拾い、その束を背負って帰ろうとしたところ磐石のように重く、到底担ぐことが出来ない。樵夫が怪しんでよく見ると、
観世音の霊像が真赤な光を放って薪の中にあった。これは観音様が往年の火災の際に難を逃れて東山に飛来したものに違いない、という話が伝えられ、このお像は雉ヶ入の当時の観音堂に安置されたが現在は所在不明である。
hr
正蓮寺の寺宝
■本堂

昭和42年5月3日落慶
(再建)

開創 建久年間
(1190〜99)

開創者 鎮如法印

■寺宝

継目無しの曼荼羅 1軸 観世音菩薩 2躯
大日如来(胎蔵界)1躯
大日如来(金剛界)1
田崎草雲筆花鳥図 1軸
虚空蔵菩薩 1躯
藤原勝房筆 1軸
釈迦如来掛仏 1躯
分譲墓地
分譲墓地
分譲墓地
分譲墓地
分譲墓地
分譲墓地
hr
正蓮寺について
栃木県足利市にある正蓮寺は緑豊かな山のふもとにあるお寺です。県境のせいか、栃木だけでなく、群馬からの参拝客もたくさんいらっしゃいます。春には桜が満開となり、ツツジ、あじさい、紅葉などが楽しめる自然環境が心を癒してくれます。
境内は本堂、裏手に分譲墓地、永代供養塔、ペット霊園、ペットと共に眠る墓があります。現在は水子供養堂を整備中です。 様々なことでお悩みの方、よろしければ当寺にご相談下さい。
hr
〒326-0103 栃木県足利市粟谷町477
高野山真言宗鎮護山 正蓮寺
TEL 0284-62-1246
FAX 0284-62-1276
Copyright Shourenji.jp All Rights Reserved